2010年10月21日木曜日

萬燈萬華会

どうも、こうやくんです。





東京都港区高輪にある高野山東京別院で行われた
「萬燈萬華会」に行ってきました。


東京別院は東京都内にあるけど、大きな境内に、
大きな本堂があってビックリしたなぁ。

境内には、たくさんのブースがあって、
東京別院のご近所にある高輪商店街の方々が出店されていたり
東京都消防庁の方々などが地震体験車を展示されていたり、
朝からたくさんの人でとても賑わっていました。

楽しそうなので、いろんなブースを覗いていたら、
消防庁の方が
「こうやくん、地震体験車に乗っていかないかい。」
って声かけてくれました。
 
「でも、ちょっと恐いなぁ」で言ったら、
一緒に高野山から来た友達のお坊さんが
「そんなに、揺れないらしいから大丈夫だよ、こうやくん。」
って言うもんだから、恐る恐る体験車に乗って、椅子に座りました。

そして、間もなくスイッチが入れられました。
すると、話とは違って、めちゃくちゃ揺れるではありませんか。
「ひぇ~!助けて~!」

やっと、揺れが治まって、ふらふらになって車を降りたら、
一緒に来た高野山の友達が
「こうやくん、震度6の揺れ心地はどうだった?」って言いました。

「冗談きついよっ!めちゃめちゃ揺れたやんかっ!」
でも大好きな、大の仲良しの友達なんですよねぇ~。

みなさん、地震対策はきっちりしてくださいね。
ボクも改めて、地震に対して気を引き締めたのでした。




ところで、肝心の「萬燈萬華会」とは、
たくさんの燈籠と彩り鮮やかな多くの花をお大師様に奉納して、
ご先祖様のご供養・ご祈願などを行い、
高野山東京別院住職でもある総本山金剛峯寺座主、
松長有慶大僧正猊下がお導師を勤められて、
一年の無病息災・身体健全・家内安全などを祈る法要なんですよ。

それに、華道、茶道、宗教舞踊、インド舞踊の奉納、
声明公演、法話、稚児行列、そして大般若転読護摩祈祷大法会、
さらに夜の境内は都会の真ん中で漂う多数の燈籠と華が
素晴らしいコントラストとなってすごく幻想的だったよ。

やっぱ、大法会っていいよね~。
終わった後は、気分がいいじゃん。

あれっ、最近、高野山カフェなんかで東京に来る機会が増えたから、
東京弁がつい出ちゃった。なんちゃって~。

今回の東京別院での萬燈萬華会は、たくさんの方がお参りに来て、
すごく盛り上がったけど、平成27年に高野山で行われる開創記念大法会も
こんな風に盛大になるといいなぁ。

だんだん寒くなってきたので、
皆さん風邪ひかないようにしてくださいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます!

※コメントはこうやくんが見ることは出来ますが、質問にお答えすることはできかねます。また、コメント欄に反映する予定は今のところありません。あしからずご了承ください。